たのしいね、

好きなものぜんぶ書く。

東京オペラシティ アートギャラリー『谷川俊太郎展』

f:id:tokyonakayoshi:20180215001501j:plain

これはなに?

谷川俊太郎という人のエキシビジョン。

詩人なのか、翻訳家なのか、絵本作家なのか、それとも他の肩書があるのか、私は知らない。これが何の展示なのかっていうのは説明しにくいけど、興味深い、おもしろい展示でした。

 

どんなもの?

f:id:tokyonakayoshi:20180215001646j:plain

チケットは、フライヤーや入り口に使われている自己紹介の続きが書かれているんだけど、もぎられると文章が欠けちゃう。

これは入る前に撮ったものなので完全体です。

f:id:tokyonakayoshi:20180215001851j:plain

入場するとすぐ、たくさんのディスプレイとスピーカーを使ったインスタレーション?が。

詩が1文字ずつ、いろんなペースで読み上げられるのでクラクラしますいるかいないかいないかいるか。360度から徐々に速度をあげつつ読み上げられているうちに気分がふわふわしてきてねているいるかゆめみているか。

f:id:tokyonakayoshi:20180215002115j:plain

油断していると思いのほかカラフルにびかびかしてくるのでトリップ感が半端ありませんかっぱらっぱかったかっぱらっぱかっぱらった。

正気度がぐんぐん削られたところで先へ進みますいっているうちにひがくれてここがどこかになっていく。

f:id:tokyonakayoshi:20180215002219j:plain

あやういところでした。

次のコーナーには、自己紹介の文章の1節1節に対応したモノリスがいくつもそびえ立っていました。

f:id:tokyonakayoshi:20180215002314j:plain

別の角度から観たモノリスには、それぞれの文章に対応した谷川俊太郎の仕事や経歴にまつわるグッズが並んでいます。

f:id:tokyonakayoshi:20180215002959j:plain

撮影できないものが多かったので多くは語りませんが、これはたぶん滝の下で拾ったんだろうと思います。

パソコンで書いている作業画面をキャプチャーした映像とかかなりぐっと来ました。縦書きの仕事を横書きで打ってるんだ…とかすごくいい。

 

たのしいね!

f:id:tokyonakayoshi:20180215003115j:plain

モノリスを反対から観ると、この展覧会のための描き下ろしでしょうか。手書きの貼り紙がしてあります。

私も理想のアップルパイにまだ出会っていません。

f:id:tokyonakayoshi:20180215003239j:plain

手書きで書いてあるところが最高。

f:id:tokyonakayoshi:20180215003213j:plain

唐突に問いかけられたりしながら。

f:id:tokyonakayoshi:20180215003325j:plain

壁一面の詩をゆっくり眺められるリッチなコーナーももちろんありました。

f:id:tokyonakayoshi:20180215003404j:plain

エピローグとしては、おそらくご本人が書かれたと思しき、むちゃんこ長い年譜。十数メートルはありそうだった。

こういう年表系の展示って定番ですけど、他の展示と比べると情報の羅列って感じにみえてしまって、けっこう読み飛ばしちゃいがちですよね。

でもこれは人生を日記にしたくらいの感じのエッセイぽい内容で、だいたい全部よんじゃいました。たぶん全部読んでるひと、多かったです。

 

ほんとはこのあともう1コーナー、ディスプレイの展示があたんですけど、写真撮り忘れました。いろんな人が質問に答えるやつ。漏れ聞こえる最初のインスタレーションの音声にぼーっとしちゃってた。

 

オペラシティアートギャラリーは、目玉の企画展と同じチケットで入れる収蔵品展なんかも毎回がらっと入れ替わっていて楽しいのでおすすめ。今回は民家の写真とかが観れました。昭和の浮世絵なんか初めて観た気がするなあ。

谷川俊太郎展|東京オペラシティアートギャラリー

収蔵品展061 なつかしき|東京オペラシティ アートギャラリー

project N 70 宮本穂曇 MIYAMOTO Hozumi|東京オペラシティ アートギャラリー

 

f:id:tokyonakayoshi:20180215005030j:plain

ミュージアムショップの入り口横には、誌の豆本ガチャがあったよ。

 

f:id:tokyonakayoshi:20180111232310j:plain

この記事を書いたのは、なかよし。