#たのしいね

楽しかったことばかりを書いておくので、何かの参考にしていただければ幸いです。映画とかボードゲームとか、ときどきミュージアム。

日の本一の嫁「母の背中」NHK大河ドラマ『西郷どん』第七話

f:id:tokyonakayoshi:20180219003226p:plain

これはなに?

大河「西郷どん」の感想。

画像は嫁を自慢する吉兵衛。

この記事シリーズは
・自分なりにまとめたあらすじ
・代表的な出来事の年代と登場人物の年齢
・感想など
の順に書かれています。

 

<マイあらすじ> 

 

吉之助の祖父竜右衛門が亡くなった。竜右衛門の病がうつってしまったようで、母、満佐の体調も思わしくない。

家族の希望もあって、嫁を取ることに決めた吉之助。御前相撲以来で話に上っていた伊集院家の娘、須賀が、西郷家に嫁いでくる。

西郷家の暮らしを須賀に焦って伝えようとする満佐。吉兵衛は夫婦のあり方について話しながら、満佐を日の本一の嫁だといって褒め称えた。しかし翌朝、吉兵衛は布団の中で亡くなっていた。

吉兵衛の死後、看病も虚しく、満佐の病状は悪化していく。やがて満佐も、吉之助の背中で息を引き取った。

一方、島津家では。

於一が斉彬の養女となった。江戸での輿入れを見越してのことだという。

長崎の商館に忍ばせた配下の者から、アメリカの軍艦がやってくるという情報を聞きつけ、斉彬は江戸に発つ。

 

どんなもの?

斉彬藩主就任の翌年、嘉永5年(1852年)。

●西郷小吉:25歳

●大久保正助:23歳

●島津斉彬:44歳

★西郷吉兵衛:47歳

★須賀:21歳

前回から1年だけ時が進んで、1852年。

吉兵衛の没年齢は、数えで47歳でした。ドラマ内の印象よりはかなり夭逝な感じです。満佐さんは生年不詳でした。

須賀さんは、この年には21歳だったようです。

 

たのしいね!

ジョン・マンもう出てこないんでしょうか???

あとNHKの公式サイト、真田丸とか直虎のときは回を負う毎に登場人物のページも更新されていたので、けっこう新鮮です。第一回から変化がない…!

特に、最初にお嫁さんである須賀さんが、影も形もないのすごいくないですか??

赤山先生がいまだに健在なのには心が暖かくなりましたけども。

意図せず江戸の話とかが先読みできちゃったんで、そっとじしました。

 

<ここがぐっと来た>

●橋本愛さん演じる須賀さんの、無愛想な嫁の演技がとってもキュート。変な笑顔とか。

●副題で母に注目させつつも、出だしで祖父をナレ死させ、弱りつつ母を気遣う中で不意打ちで父をぽっくり死させるという、すごい回でした。不意打ちかなり効いた…。

●病に臥せって寝ている時もずっと髪型崩さないの、そういうもんなんですかね~。

●熊吉、味噌作り上手そう。

●妹のことちゃん、正助(瑛太)とくっつけばいいのに!

 

f:id:tokyonakayoshi:20171219182046j:plain

大河たのしいね、なかよし