#たのしいね

楽しかったことばかりを書いておくので、何かの参考にしていただければ幸いです。映画とかボードゲームとか、ときどきミュージアム。

記憶のゲームではない『ナンジャモンジャ』

f:id:tokyonakayoshi:20180217013504j:plain

これはなに?

ナンジャモンジャ族に名前をつけて呼んであげるカードゲーム

とにかく、記憶のゲームではない。※この想いは後述する。

 

どんなもの?

名前はその子をなんと呼びたいかで決めるといい。
今回のゲームではあなたがゴッドファーザーだ。

そう、その子はこのゲームの間はずっとその名前で呼ばれる。
そしてキチンと名前が呼べたらそれまでに溜まっていた中央のカードを全部もらえる。

たくさんカードをもらった人が勝ち。

つまり自分しか呼べない名前をつけることが勝つための鍵だ。
とはいえ、寿限無みたいな名前はお勧めできないけれど。

 

たのしいね!

「太陽サンサン!」

こいつの名前は太陽サンサン。

みんなすぐ覚える。
しかもなんだかジワジワダメージを受けて笑えてくる。それがこのゲームの良さ。

つまりいい名前をつけるほど、みんなが楽しいのだ。

短い名前や、色もいいだろう。
もっといいのは知り合いの名前や有名人の名前だ。
似てる、なんか似てる!となればもはや勝ちだよ。

簡単だし、みんなに遊んで欲しい。

 

※記憶のゲームではない。

理由は簡単だ
名前をつけずに遊んでみてくれ。
成立する。すべてのカードが2枚目以降なら、ナンジャモンジャ!と叫ぶんだ。
1番早かった人がカード束を貰えばいい。

どうだろうか?
まあまあ面白いだろう。

でもあんまり笑わなくない?あとテンポも悪いと思う。
なぜなら後半はほとんどナンジャモンジャと言えるし、覚えておくことが不可能になってくるからだ。そんなの誰が判定するんだ。

つまりこのゲームは、
名前をつけてそれを忘れるところがいいんだ。

 

よい名前は忘れない、何度でも叫ばれる。

じゃあ難しい名前は?忘れるだろう
こいつにふさわしい名前は?忘れるだろう

よい名前は笑えて、かつ忘れられがちな名前だと思う。

明確に1人だけがいえた時しかカードを取れないというルールは、忘れずに実行してほしい。

 

f:id:tokyonakayoshi:20180204194429j:plain

この記事を書いたのは、

まこと