たのしいね、

「まこと」と「なかよし」が、好きなものぜんぶ書くブログ。 ボードゲーム、映画、音楽、などなど。

サイコロの馬車で 『ウィーン』 の街を巡る旅。

f:id:tokyonakayoshi:20170817214817j:plain

『Wein!』とは違うゲームだから気をつけてね。

こちらの箱に書かれているタイトルとしては『Vienna』。
アート担当はミヒャエル・メンツェル先生です。

 

どんなもの?

サイコロの馬車でウィーンの街を駆け抜ける。
なるべく多くの人に謁見したり、道端で小銭を拾って、勝利点を集めましょう。

ダイスの目に応じたマスに止まれば、ポイントや効果を得られるけど、通り過ぎたマスには戻れない。
そして各マスは早い者勝ちで1人しか使えないから、他のプレイヤーとも駆け引きがある。

 

たのしいね!

サイコロはみんなに5個ずつ配られる。
それをいっぺんに振れるので幸福。

サイコロいっぱい振るから運ゲー?

いやたぶんそれは違う。
と、思う。

さっそくこちらの資料をごらんください。

f:id:tokyonakayoshi:20170817214842j:plain

真ん中に青いロボがありますね。
ロボはゲームと関係ありません!
が、この日、青は私のプレイヤーカラーでした。

確認して欲しいのは、ロボの周囲です。数字が並んでいますね。
いくつかの数字の上に、青、赤、緑の丸い駒が置かれています。
それらが、各色のプレイヤーの現在の得点状況を示しているのです。

いいですか、ゲーム中のある時点で。
緑、20点。
赤、18点。
青、13点。

3人プレイでダントツびりなわけですよ、青。
確認しますが青は私のプレイヤーカラーでした。
青、is、me(なかよし)。

だいたいですね、ラウンドごとにみなさん、3~5点くらいは獲得されるんですよね。
青のこのダントツなビリっぷりは、何ラウンドかを無為に過ごさないとこうはならないわけです。

このゲームは誰かが25点取るのが終わりの合図なんですよ。

緑、20点。
赤、18点。
青、13点。

序盤からの積み重ねで、後半は点数を安定的に狙えるようになっていくので、まあつまり、終盤にさしかかって5点以上遅れてるってのは、どうがんばったってそうそう覆らないような点差です。
なにせあと1~2ラウンドでそこらでゲーム終わっちゃいますからね。

たしかに、もっといい目がなかったわけではないです。
たしかに、欲しい時に欲しい出目が出たわけではなかったです。
でもそんなのみんなおんなじです。
だからこのビリっぷりは、出た目が悪かったからではないのです。

ぶっちゃけぼやっとしながら街を2回ほど素通りして、気がついた頃には点差がえらいことになってただけなのです。

つまり、運とかそういう次元の話ではないのです。たぶん。

次はあなたも、ウィーンの街でサイコロを転がしてみては?
グッドラック!

 

f:id:tokyonakayoshi:20170804114014j:plain

なかよしっしっし☺

 

Vienna

Vienna

 
Carcassonne. Edition 2014

Carcassonne. Edition 2014

 
Skull King

Skull King

 
Stone Age Junior

Stone Age Junior