#たのしいね

楽しかったことばかりを書いておくので、何かの参考にしていただければ幸いです☺ 映画とかボードゲームとか。

【ボードゲーム】隕石さがして回収ロボットが走る転ぶ『メテオ回収株式会社』

f:id:tokyonakayoshi:20180804230422j:plain

さいきん隕石、集めてます?

え、そもそも集めたことがないんですか?

そいつはいけねえ!
はやくこのゲームで練習してください!

 

どんなゲーム?

この「メテオ回収株式会社」は、ベテラン創作サークル、倦怠期さんによる同人ボードゲーム作品。2018年春のイベントで発売されました。

見慣れない丸くて黄色いパッケージが目を引きます。この丸い紙箱が、実はゲームに重要なコンポーネントのひとつ!

マス目に区切られた円形のフィールドの上で、自分のメテオ回収ロボを働かせて、他の社員よりも早く隕石回収ノルマを達成しましょう。

 

ざっくりあそびかた紹介

目的は、資源である隕石を回収すること。

隕石はサイコロになっていて、出目によってエネルギーだったり鉱石だったりします。

自分の順番が来たら、自分のロボコマを動かします。やれることは、歩かせるか、近くの隕石を拾わせる。

でももしロボットが転んでいたら、動く前に立ち上がらせなければいけないです。

ロボを基地に移動させると、手持ちの資源を使ってロボパーツを購入し、自分のロボをアップグレードすることができます。強化されたロボは、早く歩けるようになったり、より遠くの資源を回収することができるようになります。

資源を集めることに集中するか、回り道でもロボを強化して挽回するかの判断がゲーム的には重要ですが、何より盛り上がるのは「隕石落とし」のパートかもしれません。

回収した隕石サイコロは、回収した人がふたたび降らせることができるのです。上手に狙って他のプレイヤーのロボを転ばせましょう!吹っ飛べ!

※サイコロメテオはロボの頭上から落とすのがルール、投げつけちゃダメだよ?

 

たのしいね!

3人で遊びました。そのうちひとりは、まことさん。

まことさんはね、私から観ると、自分の勝利よりも相手への攻撃を優先するプレイを愛しているのかなって思うことがたくさんあるんですよね。とにかくこころが邪悪なんだと思う。邪悪なこころのもちぬし。

で、私のロボは、隕石運が良くて、序盤から勝利に向かって一歩リードしちゃったんですよね。

 

f:id:tokyonakayoshi:20180804234306j:plain

ドカッ!

私のロボめがけて毎手番、執拗に繰り出される、まことメテオ。

 

f:id:tokyonakayoshi:20180804234336j:plain

見えますか?

このゲームでは、両足が地面についていない状態のロボは「転んでいる」と見なされます。

 

f:id:tokyonakayoshi:20180804234407j:plain

わかりますか?

こんな感じで頻繁に転ばされる私のロボ。白コマ。

 

転んでしまうと、すごろくでいうと一回休みくらいのダメージ。プレイがどんどん遅れます。

私も当然、やり返すんですが、なぜかまことの赤ロボは、足腰が強い。

隕石を食らっても食らってもびくともしません。ヘルメットかぶってんのか?くらい、サイコロを跳ね返します。なんで?

 

なにもできねースンスン!って思ってたのに、隕石運だけは良い私。

近場に落ちた隕石の出目が良く…あれよあれよと資源があつまり、けっきょく勝利(笑)

f:id:tokyonakayoshi:20180804235014j:plain

個人ボードのようす。一番上の列を、3個集めたら勝ち。

観ての通り、ロボの強化などに必要な2列め3列めが全然集まってない…。

 

作戦や判断が状況を有利に変えていく部分とは別に、笑っちゃうような運の要素も強く残されていて、膠着する感じにはなりにくそうなのがよい。

どうもロボコマの足腰の強さには個体差が大きい感じ印象だったけど(笑)

サイコロが物理的にも機能するアクションゲームにもなっているのが目新しくて、おもしろかったです。

 

f:id:tokyonakayoshi:20180722133451j:plain

この記事を書いたのは、なかよし。