#たのしいね

楽しかったことばかりを書いておくので、何かの参考にしていただければ幸いです。映画とかボードゲームとか、ときどきミュージアム。

【ボードゲーム】カラフルな羊たち『ドラゴンと羊 / Von Drachen und Schafen』

f:id:tokyonakayoshi:20171207211858j:plain

これはなに?

羊を生贄に捧げると宝が手に入る。
その宝をたくさん集めるゲーム。

なぜかカラフルな羊がたくさん登場する。

羊やドラゴン以外にもいろいろなカードがある。

 

 

どんなもの?

どんなカードを持ってるかはバレないんです。
カードの色だけがばれちゃう。

どうしてかというと、裏面には色がついてるから。
表面はその色に対応してるいろんな能力が描かれてる。

ちなみに色は羊で示されてる。

裏面の色をコストとして支払うことで、カードを表面で使えるようになる。

表は財宝だったり、他のプレイヤーとの駆け引きのために発動する効果だったり。

 

 

たのしいね!

手番が来るたびカードを補充する。

共有の場からカードを取るので、他の人に持ってるカードの色がばれちゃう。
もちろん他の人が持っている色もわかっちゃう。

上手く特殊能力つかったり計画を立てて、なるべく多くの宝をみつけたい。

この色をコストとして支払って宝を手に入れるので、他の人から欲しい色をカットされたりして邪魔される。なんなら盗まれることすらある。

他の人の色を見ながら、使われそうな能力や財宝の狙いをよく考えて。

自分の番までにじっくり作戦を練る系の、なかなか楽しいゲームです。

何より、絵がかっこいいのもいかすよね!

 

『ドラゴンと羊 / Von Drachen und Schafen /Dragon's Hoard』
2-4人用 /9歳以上 /約45分
作者 Nathanel Mortensen
KOSMOS (2015)

 

f:id:tokyonakayoshi:20171114233041j:plain

この記事を書いたのは?まこと