たのしいね、

好きなものぜんぶ書く。

天才が天才を集める『ホドロフスキーのDUNE』

f:id:tokyonakayoshi:20171126113904j:plain

これはなに?

『デューン/砂の惑星』は、実は別の監督で撮影されるはずだった。
幻の映画を追うドキュメンタリー作品!

デューン (字幕版)

 

どんなもの?

ホドロフスキーという映画監督がいる。
バンド・デシネの編集者としての名の方が通っているかもしれない。

とにかくこの監督が、天才だけを集めて作ろうとした作品。

それがDUNE!!

 

たのしいね!

様々な天才が出てきます。

まず、ホドロフスキー自身が天才肌です。直感を信じて人を雇用するタイプ。そして息子はそれに巻き込まれる。

さらに、バンド・デシネ界の天才や造形界の天才(あのギーガーだよ?)などなど。

きわめつけは、ダリ。

サルバドール・ダリが俳優として、ラスボスとして出てくるのは奇想天外すぎる。

しかもダリは、「わたしのギャラはハリウッド史上最高額でなければならない!!!」と主張。結果、5分間の出演に1分につき10万ドルのギャランティでの契約。すごすぎる。。。

その他も、なんともまー、そんな条件ある?とかそんな人いる?みたいなスター選手ばかり。ホドロフスキーのDUNEを撮るためにはそこまで極まった戦士たちが必要だったのです。

ちなみに、デイビッドリンチの「デューン/砂の惑星」は見る価値はないと思うので、このドキュメンタリーのほうを見て欲しいです。

そのあと、気が向いたら原作小説もお読みください。いまなお面白い作品です。

 

f:id:tokyonakayoshi:20171114233041j:plain

あの映画のあの部分はホドロフスキーさんの功績であったか!まこと