#たのしいね

楽しかったことばかりを書いておくので、何かの参考にしていただければ幸いです。映画とかボードゲームとか、ときどきミュージアム。

【ドラマ】「常識破りマイペース講師」―『僕らは奇跡でできている』第一話、感想とか

f:id:tokyonakayoshi:20181015141431j:plain

高橋一生主演、2018秋スタートの新ドラマです。

第一話を観たので感想を書きます。

 

どんなお話?

高橋一生は、動物行動学?を教える大学講師。家政婦の戸田恵子と暮らしてる。亀を1匹飼ってる。

職場も所属も、出身大学みたい。
研究室の教授は小林薫で、同僚に要潤、そしてアンジャッシュの児島がいる。

歯が痛くなったので歯医者に行くと、そこには歯科医の榮倉奈々と、歯科衛生士のトリンドルがいる。

作品PRの動画はこんな感じ▼

www.youtube.com

 

感想とか

全体的になごやかな雰囲気で、するする観られるのがとってもいい感じのドラマでした。

第一回は出演者の顔見せとか、高橋一生演じる相河の仕事や暮らしの様子など、世界観の紹介がメインだったでしょうか。いま公式サイトを観て、一話のサブタイトルに気が付きました(笑)

 

私の高橋一生の印象といえば、「耳をすませば」「カルテット」「槍ドン(直虎)」。

役者さんて、いろんな演技を使い分ける人と、その人らしい演技をする人と、大きく2種類いますよね。高橋一生は後者かな、と思います。

ただ彼の場合は、その人らしい演技で演じるキャラクターの振り幅、かなり大きい気がしませんか。

このドラマでは、イケメンでも狡猾でも鋭くキレもなさそうだけど、たんたんと素直で天然な、いつもの高橋一生。といった感じの役どころです。

歯が痛いけど歯医者が怖いので治療を後回しにしたがったり、興味が無さそうな授業の出席確認が適当だったり。でもおしゃべりで、動物の知識は豊富、そして自分の希望ははっきり口に出して伝えられるような人。

天然おとぼけ系の高橋一生が、いろんな角度で観られるのかな。

そして、物事にはいろんな見方があるかもしれない、ということを、観ている人に伝えるようなドラマになるそうです。

物語が大きく動かすのは第二話以降になるのかな、という印象だったので、早く次の話が観たいですね~。

それにしても、高橋一生の授業、めっちゃたのしそうじゃないですか?

シマウマにはなぜシマがあるか自由に発表していいやつ。しかも正解はないっていうの。最高では??

あと虫歯が痛いのをちょっと放置してたら、歯を抜かなければならなくなるの、めっちゃこわい…誰にも治せないとか、こわい…!!

 

番組公式サイト▼

www.ktv.jp

 

第一話の見逃し配信、10/16夜まで▼

tver.jp

 
GYAOで観られる1.5話▼

gyao.yahoo.co.jp

 

f:id:tokyonakayoshi:20181005001333j:plain
この記事を書いたのは、なかよし。