たのしいね、

好きなものぜんぶ書く。

1995年のロビン・ウィリアムス『ジュマンジ』

ジュマンジ (字幕版)

これはなに?

(サイコロを2つ振った出目の合計で)5か8が出るまでジャングルで待たされる、いじめられっ子の映画。

キルスティン・ダンストも出るよ!

 

どんなもの?

JUMANJIと箱に書かれたそのゲームは、楽しげな太鼓の音で子どもを誘うスゴロクです。

ボードは折りたたみタイプの木製。駒やサイコロは彫刻を施された石か、象牙細工のように見えます。

動力は不明ですが、サイコロを振ると勝手に駒が進んでゲームを進行させちゃうすぐれもの。そして駒が止まったマス目に応じた効果が発動。VRもびっくりな本物的イベントが展開されます。

JUMANJIを途中でやめたり、ズルをしたりしてはいけません。

 

たのしいね!

f:id:tokyonakayoshi:20180411141056j:plain

JUMANJIの中で流れたのと同じくらいの年月が過ぎ。私たちは映画のその先のことを知っています。

もー、登場人物が、画面に映ったり、飛んだり跳ねたりするだけで、もー、ちょっと泣けてきちゃう。。。

 

いっけね、ジュマンジの話だ。

新作が公開されるっていうんで、ずいぶん久しぶりに観ました!

間違いなく観たことあるんだけどそれはもうあんまり記憶に残ってなくて、新鮮に楽しめました。

おどろおどろしい音が鳴ったり、びっくりどっきりでハラハラする展開もありますが、基本的には、みんなでたのしめるファミリームービーです。クリスマス映画として扱っても良いかも知れない。

20年前の映画なので、観たことがないという人や、すっかり忘れた!という人が逆に多そうなので、くわしいことは書きません。

ぜひ自分の目で楽しんで欲しい。

 

本編の流れと関係ないところで、印象に残ったのは、JUMANJIの駒が勝手に動くのを観た子どもが「磁石だ!」と叫ぶのを、「マイクロチップよ!」と呼び替えたりして時間の経過を周辺的に表現してるのが面白いなと思いました。

新作には反映されてるんでしょうか。予告編もまともに観てないんで、ぜんぜん知りません。

めっちゃ楽しみです!

 

f:id:tokyonakayoshi:20180328235356j:plain

もーチケットは買ってある、なかよし