たのしいね、

好きなものぜんぶ書く。

お前は牛に似ている「江戸のヒー様」― NHK大河ドラマ『西郷どん』第九話

f:id:tokyonakayoshi:20180304230832p:plain

これはなに?

大河「西郷どん」の感想。

画像はヒー様が描いてくれた牛の吉之助。

この記事シリーズは
・自分なりにまとめたあらすじ
・代表的な出来事の年代と登場人物の年齢
・感想など
の順に書かれています。

今回もあんまり歴史的な動きはなかったのでボリュームすくなめ。

 

<マイあらすじ> 

斉彬と江戸にやってきた吉之助。薩摩屋敷での暮らしが始まる。

先に江戸に上っていた薩摩の仲間や、農民の娘、ふきとの再会も果たす。

斉彬の密命を帯びて、水戸屋敷へと使いに行くなど、江戸での活躍も始まる。

水戸屋敷で出会ったのは、品川の遊郭で知り合ったヒー様こと一橋慶喜だった。

 

どんなもの?

黒船来航、嘉永7年(1854年)。

●西郷小吉:27歳

●大久保正助:25歳

●島津斉彬:46歳

●篤姫:19歳

★一橋慶喜:18歳

於一は今回からのナレーションで、篤姫と呼ばれるようになりました。

そしてヒー様おもったより若かった。どうやら絵が達者なご様子ですが、これからどのような活躍をしていくのでしょうか。

 

たのしいね!

 <ここがぐっと来た>

●歴史はぜんぜん動かない回でしたけど、登場人物は増えた。

●ふきちゃんが成長して高梨臨さんに。いちおう回想で子ども時代の映像が挿入されたけど、余計にギャップが際立ってしまう変貌ぶり。ヒー様とうまく行ってほしいですが。。。

●又吉の髪型が違うと全然わからない感じですね、徳川家定。台詞のない回でしたがもっとしゃべる時は来るのかな。

 

●彦根藩主の井伊直弼。佐野史郎が菅田将暉の子孫か…去年から観てるとかんがいぶかいところがありますね。

●真田の当主も何かで出てくるかな~。

 

f:id:tokyonakayoshi:20171219182046j:plain

大河たのしいね、なかよし