#たのしいね

楽しかったことばかりを書いておくので、何かの参考にしていただければ幸いです。映画とかボードゲームとか、ときどきミュージアム。

いまこそ遊んでみた『おそ松さんラブレター』

f:id:tokyonakayoshi:20180121133000j:plain


これはなに?

「おそ松さん」のキャラクターをつかった「ラブレター」。

 アニメ第一期放送後に製作販売された、おそ松さんラブレターボードゲーム。

 

どんなの?

カナイセイジさんの「ラブレター」を、おそ松さんテーマでリメイク!

キャラクターゲームという売り込みにしなければもっと売れた説すらある、ゲームとしてとってもよいルール。

どちらにも非はなく、どちらも素晴らしいコンテンツだと思う。

でも相性は悪いよね、そりゃね。

 

たのしいね、

f:id:tokyonakayoshi:20180121133828j:plain

ラブレターとは違う点が2つあることで、面白さが加速している。

ひとつめはもちろんイラスト、そしてもうひとつはゲームのルール。

まず自分の担当松がいる。わたしは、十四松がすきだけど、この日はとど松。

この担当松と関係のあるカード能力が、ラブレターからの唯一のルール変更点といってもいい。そしてそこがかなり面白い。

よいルール変更だけでも遊びたくなるんだけど、グッズとしての出来もかなりいい。

おそ松さんも好きだし、ボードゲームも好きだって人にはオススメできる一品。

 

f:id:tokyonakayoshi:20171216235307j:plain

この記事を書いたのは、
カラ松が出てくると笑いがこみ上げる、まこと