#たのしいね

楽しかったことばかりを書いておくので、何かの参考にしていただければ幸いです。映画とかボードゲームとか、ときどきミュージアム。

【映画】『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(もうあんまり出てこないけど)ヒュー・ジャックマンから始める X-MEN 特集⑦

X-MEN:ファースト・ジェネレーション (字幕版)

遂にここまで来ました
新シリーズの幕開け

プロフェッサーXたちの原点
そしてX-MENの誕生を描いた作品です

 

【X-MEN特集】他の記事はこちら▼
特集-XMEN - #たのしいね 

 

どんな映画?

ミュータントの存在がまだ
世間に確認されて間もない時代

存在そのものが
認識されていないので
特別な居場所とか目立った活動もない

そんな中で
ミュータントを研究しつつ

自身も能力を磨いていた
若き日のプロフェッサーXを主人公に据え

そのライバル、
マグニートーとの関係を描く映画

過去の関係は
そんなことになっていたのか!

優しき蒼き獣
ビーストの過去や

X-MEN創設メンバーたちの
エピソードも満載

そうこれは
X-MENが始まる前の物語

 

たのしいね、観た感想!

ウルヴァリンと
X-MENの出会いは
まだまだ先のこと

そのためこの映画では
ヒュー・ジャックマンが
一瞬しか映らないんですよ

ファンサービス出演

だから序盤は
めちゃくちゃ飽きそうだった

 

プロフェッサーXは頭脳派だから
なんだか地味な話がなげーし
画面にも派手さはない

これX-MENじゃなかったら
途中で観るのやめちゃうぞ?
って思って見てた

有名どころである初期メンバー
彼らの過去が明らかにされていくのは
まあ面白いんだろうけど

正直な話、私はべつに
プロフェッサーXとかマグニトーに
興味ないからのう

あとさらに個人的にいうと
好きな顔の出演者がいなかったので
もはや背景美術や小道具ばっかり見てた

でもでも中盤以降に
アクションがどんどん増えてきて
やっとワクワクしてきた

終盤にはド派手なアクションもあり
最終的には面白かったな〜

最初の45分はウンチクとか
他の話に繋がる布石だから
じっと我慢して観てください

 

この作品、公開当時は
どういう受け方をしたんだろう?

クリティカルな人権問題に
話題が踏み込んでるのもそうだけど

「X-MEN観よ」っていって
見に行った作品がこれだったら

「え?X-MENって能力バトルじゃないの?」
みたいな不満でないかな

ジャンプの修行回つまんねーみたいな

わたしは最初
そういう勘違いをしたんだけど

最終的には
ヒューマンドラマとしても
面白いと思ったし

超能力ものとか、SF映画として捉えても
見応えがあったなーと思います

友情もあったし
愛もあった

最終的には見応えが
バチバチにある映画だった

そういうわけで新シーズン
観進めていきます

次の『フューチャー&パスト』も
楽しみ!

 

この特集の次の記事▼

【映画】『デッドプール』(もうあんまり出てこないけど)ヒュー・ジャックマンから始める X-MEN 特集⑧ - #たのしいね

 

 

f:id:tokyonakayoshi:20190102134319j:plain
この記事を書いたのは、まこと