#たのしいね

楽しかったことばかりを書いておくので、何かの参考にしていただければ幸いです。映画とかボードゲームとか、ときどきミュージアム。

【映画】『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』- すべてのエバーを終わらせてきました。

f:id:tokyonakayoshi:20210718031045j:plain

さらば、全てのエヴァンゲリオン

この記事はネタバレなしで
感情だけを書き記します

 

まず、この映画は
とても長いと言われてましたが

劇場ではあっという間で
まったくダレることなく
見終わりました

何度も泣きましたし
見れたことに感謝しかありません

 

私がエヴァに
触れたのは

シンジくん達と同じ
14歳の頃でした

その頃、
田舎に住んでいた私は、
東京より少し遅れて
深夜に放送されていた
テレビシリーズを
毎週たのしみに観ていました

当時は
オタクがカッコ悪い
みたいな風潮もありましたので

テレビでアニメみたいなものが
放送される作品数は
とても少ない時期でしたが

あれこれ観ている中でも
エヴァンゲリオンは

飛び抜けて
訳のわからん作品なのに

なぜかハマってしまい
友人達と良く
話題にしていました

 

世間でも
同じ頃に同じように
この作品にハマった人たちが
多かったと記憶してます

劇場へ
見に行った時の
気まずさも

そんな皆さんも
同じように体験したのでは
ないでしょうか

 

f:id:tokyonakayoshi:20210718031109j:plain

新劇場版が
公開される頃には
大学生になってました

当時の友達と
「これすげーな!リブートだけど完全新作じゃん」
などと

とても喜んで観に行きました

 

そこからさらに15年以上

本当に完成するのか?

自分が死ぬ前には見たいぞ

そんな気持ちで
待つでもなく待っていました

 

そして
今回の映画です

もうね
その思いは報われました

こんなにいい映画も
なかなかありません

 

メタ構造の中の
喜びもありますが

映画単体として
抜群に面白かったです

未見の人?

ここから見ればいいやんけ!

と私は思ってます

 

大丈夫ですよ
初めて観たときに
「何言ってるかわからない」って
気持ちになるでしょう

大丈夫、
わたしもわかりません

そもそも特に
わかる必要すらないと思ってます

画面のかっこよさが
あればいいじゃないですか

 

f:id:tokyonakayoshi:20210718031132j:plain

余韻に浸りつつ
シンジ役の緒方恵美さんの
自叙伝「再生(仮)」を
読みたいと思います

 

さようなら
エヴァンゲリオン

次回は
「シン・ウルトラマン」で
お会いましょう

その次は「シン・仮面ライダー」で

 

 

f:id:tokyonakayoshi:20190102134319j:plain
この記事を書いたのは、まこと