#たのしいね

たのしかった もの や ばしょ

『モミジの棋節』

モミジの棋節 (ジャンプコミックス)

これはなに?

ジャンプの新連載

里庄真芳さんの将棋のマンガ

 

どんなもの?

この将棋が話題の時期に
再び将棋漫画を描く挑戦者がジャンプに登場

何度も何度も現れては消えていくが
今回の連載はどうか?

藤井七段の人気に迫るか?

 

たのしいね!

この漫画
控えめに言って面白いです

よく練られています
ワクワクするし続きが気になります

とはいえ「ヒカルの碁」以来で
こんな漫画がジャンプで成功できるのはきっと稀

何でかというと色々理由があるだと思いますが
1番は「地味」ってことに尽きるんじゃないでしょうか

ほとんどが修行回や精神論
相手との心理戦とかになるし
ライバルとのやりとりも何だか地味

必殺技みたいなのも地味

読めば着実に面白いっていうだけじゃ
子どもから大人まで読んでるジャンプで
目立つのって難しいんでしょうね

特にいまは羽生さんと藤井さんが将棋界
そして世間を騒がせてますが

フィクションより嘘っぽい真実なんで
インパクト勝負でも負けそう

いろんなことをややネガティヴに考えてしまいますが

もう一回言うと
この漫画は面白いです

続きが読みたくなるから
できれば長く続いて欲しいな

みなさんも応援して下さい

読んでね

 

f:id:tokyonakayoshi:20180508225209j:plain

この記事を書いたのは、まこと