たのしいね、

好きなものぜんぶ書く。

β版を超える衝撃『文絵のために』

f:id:tokyonakayoshi:20180128012450j:plain

これはなに?

タイムリープして文絵を死から救い出す!ほか2編のシナリオが遊べる作品。

 

どんなもの?

2人専用のゲームです。

お互いに、相手の記憶や交友関係、思い出のアイテムなどがかかれたカードを持ちます。相手のカードをそのまま使うか、使ったら終わりそうだと思ったら裏向きにするか、選ぶだけ。

どんどん物語の謎が明らかになっていく体験は、ゲームと小説を同時に味わっているみたいな不思議な感覚。

 

たのしいね!

2人専用と書きましたが、別に何人で遊んでもいい気がします。だって対戦ゲームではなく協力ゲームなので、複数人で相談するのもありありだからです。

このゲーム、要はゲームブックとかアドベンチャーゲームの文脈だと思います。
なんならジャンルは美少女ゲームかもしれません。デジタルの。

それをカードゲームという枠に落とし込んでるところが面白い。

体験として謎を明らかにする「謎解き」とは違い、ゲームなので、自分たちで謎を解く部分はあまりありません。物語を良い方向に運ぶ手助けをしている様なイメージです。

まだ体験してない人は是非一度。

 

f:id:tokyonakayoshi:20171216235307j:plain

この記事を書いたのは、
β版を超える衝撃に驚いた、まこと