たのしいね、

好きなものぜんぶ書く。

タイムボムふたたび! 恐怖の古代寺院 『Tempel des Schreckens』

恐怖の古代寺院(Tempel des Schreckens)

これはなに?

日本人作家が作った「タイムボム」というゲームのドイツ版。

 

どんなもの?

遺跡に眠る宝を見つけたら探検家チームの勝ち!
うまく罠を作動させたり、探検家チームから宝を守れたら守護者チームの勝ち!

罠を予想する要素があり、10人までできる点がタイムボムと違います。

 

たのしいね!

f:id:tokyonakayoshi:20171002143656j:plain

人狼って議論のきっかけがなかなか無いんだと思うんです。その自由度の高さがウケて、戦術や話法などが生まれているということもある。

とはいえ、きっかけがシステム側で促されてる方が親切だと感じるのは昨今のゲームに慣れすぎた甘えですかね?

このゲームは、自分の前に宝やワナなどが並ぶため会話のきっかけがあります。また身の潔白を言論以外で証明できるため、優しさもあります。

僕は嘘をつくゲームが苦手で、なかなか嘘をついたり有利な言葉で相手を納得させることが得意ではありません。

でもこのゲームなら誘われればやりたいなと思います。たくさんの人がわちゃわちゃやってることや、運で助かる人もいたりして。ゆるく笑える雰囲気でできるのが好きな理由。

どうでもいいですが、守護者って宝を守るいい人なのに、人狼ポジションでマイノリティだから悪者にされちゃうのって社会の縮図って気分で素敵。

 

f:id:tokyonakayoshi:20171001112153j:plain

この記事を書いたのは?まこと

 

#タイムボム
#シュミットから出るってすごいな
#クトゥルフ版もある
#エボリューションはもはや意味不明
#タイムボム2も意味不明だった
#お邪魔者方面の人狼
#ガチ勢コワイ
#新ボードゲーム党