たのしいね、

好きなものぜんぶ書く。

可愛いペンギンたちの野蛮な集会 『ペンギンパーティー』

f:id:tokyonakayoshi:20170920201337j:plain

ペンギンたちがお互いを潰し合うゲーム。

 

どんなもの?

5色のペンギンの描かれたカードがランダムに配られます。
プレイヤーは、配られた手札をピラミッド状に並べます。

手札を全部出しきれるか、もっとも手札を減らせた人が、勝ち。
(出しきれなかったひとが減点されていくよ!)

手札を出し切れるか、と、簡単ふうに言ってみましたが、まず無理です。

上段に積めるカードは下段と同じ色だけという条件があり、置ける横幅にも制限があるのです。段が上がるごとに1枚横の並びが減っていく構造なので、すぐに置けない色のカードが出てきますよね。

だって最上段には1枚=1色しか置けないんです。カードは5色もあるのに。

 

たのしいね!

見た目はかわいいペンギンたちなのに、やれることといったら、自分が生き延びる芽を必死に残すか、相手の居場所を積極的につぶしていくことだけ。実に野蛮な遊びです。

配られた手札を観たところからオロオロやニヤニヤが始まります。

各色の総数は決まっているので、自分がたくさん持っている色は、他の人はあんまり持っていないということです。自分があんまり持っていない色は、他の人がたくさん持ってるという予想が立ちます。

自分の手元に同じ色がたくさんある時には、とにかくその色をなるべくたくさん出せるようにがんばって生きていくぞ、という覚悟を固めねばなりません。

ほとんど持っていない色があるときは、その色をとっとと根絶やしにして、誰かを困らせてやろう…フフ…ってなります。

油断しがちなのが、手札がいい感じにバラけて見えるとき。

なんでもできるな~と思ってぼーっとしているうちに、どれか1色でも塞がれてしまったら途端にヤバくなるのです。

 

ほんとはもっと野蛮ではないストーリー的なものが用意されているのかも知れませんが、私は野蛮なゲームだなあと思っている。

他の人のプレイを見ていてもだいたい「なんてひどいことをするんだ!」という気がしてきます。そして「やらねばやられるだけだ」と心を鬼にすることにします。

 

かんたんで、かわいくて、楽しいよ?

 

f:id:tokyonakayoshi:20170920221428j:plain

誰か他の人のペンギン(カードを出せる場所)をうまく根絶やしにできると、とってもうれしい。なかよし