たのしいね、

好きなものぜんぶ書く。

はっぱ、きのこ、そして石ころ。 『ドングリがお好き (COUADSOUS)』

f:id:tokyonakayoshi:20170908220223j:plain

大好物のドングリを巡って。
リスちゃんたちのカードゲーム。

たぶんフランス語? ル・ボイ・デ・クアドス?
タイトルの読み方がわからなくても、遊べるならハッピーです!

 

どんなもの?

森のリスたちが食糧を集めるよ。
葉っぱやきのこの形や色を、3つ当てられたらドングリゲット。

自分が指定したカードの絵柄を覚える。
たったそれだけのことなのに…。

 

たのしいね!

大人は、メモリーゲームというだけで、作品をバカにしがちだ。
だいたいなめてかかっちゃうんだ。

神経衰弱みたいなものでしょ?
覚えて、当てる、それだけ。
たしかにルールは簡単だ。

だが覚えるのが簡単とは限らない、よね?

あ、いまこんなふうに思ったでしょ?
「覚えなきゃいけないことがたくさんあるなら、そりゃ難しいよ(笑)」って。
もしホントにそう思ってたら、あなた、ちょっと油断し過ぎかもしれないね!

だってこのゲームは、たった3つだけ。
たった3つ答えるだけで、正解できちゃうんだ。

 

f:id:tokyonakayoshi:20170908222119j:plain

1列ぶん、3枚のカードの裏面を、覚えて答える。

色なら、赤、青、黄、とか。
形なら、きのこ、きのこ、石ころ、とか。

自分で宣言したものを、答えるだけ。
でも、それが難しい!

なぜなら、他のプレイヤーのせいで、組み合わせが変わっちゃうんだ。

 

9枚のカードには、3つの形と色の組み合わせが、裏表にバラバラに描かれてる。
他のプレイヤーが挑戦すると、1枚ずつ裏返しになっていく。

成功すれば全部裏返しにしてくれるけど、失敗したら中途半端に終わっちゃう。だから自分が答えるつもりの3つの組み合わせが、途中で急に変わっちゃうかも知れない。

それに、他のプレイヤーが他の獲物に目をつけたら、さっきまで色を答えようとしてたのに、急に形を覚える必要が出て来るかもしれない。

たった3枚のカードを覚えるだけなのに、こんなにむずかしいなんて。

 

メモリーゲームって大人より子どもがめっちゃ強い傾向あるよね。
そして私はどちらかといえばチャイルドだったらしく、ぶっちぎりで勝ちました。

4人のプレイヤーに4つのキャラクターが、ぜんぶ違うイラストで用意してあるのもクール。

良いゲーム!

 

f:id:tokyonakayoshi:20170829021200j:plain
気になる人はBGGをチェックしてね → Le Bois Des COUADSOUS
邦題を見かけなかったので勝手に考えたよ、なかよし☺