たのしいね、

「まこと」と「なかよし」が、好きなものぜんぶ書く、主にボードゲームのブログ。

ソフィア・ブテラちゃんかわいい日記 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』

f:id:tokyonakayoshi:20170801200246j:plain

ソフィア・ブテラちゃんもハムナプトラも大好きなので書きました。

予告映像程度のネタバレしかないからよろしくね。

 

どんなもの?

『ザ・マミー』はトム・クルーズがまたがんばる映画。
マミーはミイラって意味なので、ミイラが出てくる。
もしかしたらジャンルでいうとホラー。

f:id:tokyonakayoshi:20170801234351j:plain

 

たださえ『ハムナプトラ』のリメイクといわれたら、観に行かないのは難しい。

そんでもってこの映画を皮切りに、アベンジャーズのMARVELユニバースとか、バットマンのDCユニバースみたいに、ダークユニバースと銘打って、これからじゃんじゃんダークファンタジーな映画をやるとも聴いた。

f:id:tokyonakayoshi:20170801223212j:plain

 

それってマーベルでいったら、アイアンマンみたいな位置づけなわけじゃない?
DCで言ったら、マン・オブ・スティールじゃない?
うーんやっぱ観ないわけにはいかないんじゃない?
どっちも大好き。

あとさ、なんといってもさ、敵役のミイラ王女はソフィ・アブテラちゃんなんだって。
観るよね観ました。

 

たのしいね!

話を続ける前にいちおう確認なんだけど、ソフィア・ブテラちゃんって知ってるよね?

f:id:tokyonakayoshi:20170801223119j:plain

 

オーケイ分かった、この姿を見せればピンとくるよねもちろん。

f:id:tokyonakayoshi:20170801223451j:plain

 

そうでしょうそうでしょう、なんといってもこの姿も外せません。

f:id:tokyonakayoshi:20170801223744j:plain

 

キングスマンのガゼルまじ最高かっこよかったよね~。

f:id:tokyonakayoshi:20170801224530j:plain

 

で、なんの話だったっけ。
そうそう、マミーねマミー。

f:id:tokyonakayoshi:20170801231235j:plain

 

マミーは、全編が大ピンチのスペクタクルムービー。

f:id:tokyonakayoshi:20170801225031j:plain

 

トム・クルーズじゃなかったら死んでたねっていう場面の連続です。

f:id:tokyonakayoshi:20170801230342j:plain

 

どうするどうなるトム・クルーズ

f:id:tokyonakayoshi:20170801225129j:plain

 

旧ハムナプトラシリーズのファンに向けた感じのシーンはやっぱこれかな。

f:id:tokyonakayoshi:20170801230432j:plain

砂嵐が顔の形で迫ってくるやつ。
観た当時はついにこんなん撮れるようになったの!?ってド肝を抜かれたもんです私は。

 

回想シーンのエジプトの王様なんか、メイクのせいでしょうか。

f:id:tokyonakayoshi:20170801230542j:plain

私には旧シリーズのあの人に見えちゃう。
いつ「アナクスナムン!」って叫ぶのかなと思いながら観てたよね。

 

ブレンダン・フレイザーが出てこないのは寂しかったけど。
代わりと言ってはなんですが、ラッセル・クロウが出てくるのも見どころだよね。

f:id:tokyonakayoshi:20170801231634j:plain

ラッセル・クロウを久しぶりに観た気がするし、思っていたよりちゃんと出番もあってよかった。

 

あと、本作のヒロインはソフィア・ブテラちゃんだとばかり思い込んでいた私ですが。

f:id:tokyonakayoshi:20170801233812j:plain

本作の正ヒロインと思しきポジションには、アナベル・ウォーリスさん演じるところの考古学者が配備されていました。


シーンをまたいでもまたいでも、全然いなくならないから、もしかしてあなた、モブじゃなかったの!って、これまたびっくりしちゃった。

f:id:tokyonakayoshi:20170801233222j:plain

いわれてみればとってもかわいいね。

 

そんなこんなでとっても楽しい映画だよ。

f:id:tokyonakayoshi:20170801231003j:plain

みんな観てね。

 

じゃ、ソフィア・ブテラちゃんの話に戻ります。

f:id:tokyonakayoshi:20170801232811j:plain

 

本作ではメインの敵役、邦題サブタイトルで語られたところの「呪われた砂漠の王女」として、トム・クルーズと戦います。

f:id:tokyonakayoshi:20170801233609j:plain

トムの相手どころか「世界は私のものよ」って勢い。

 

ただこれはもう、本当にざんねんだと言わざるを得ないんだけど。
この映画のソフィブーは、棺の中の干物からスタートするので。

f:id:tokyonakayoshi:20170801235428j:plain

 

あんまり生き生きした姿は観られないんだよね。
ぎりぎり半生って感じ。

f:id:tokyonakayoshi:20170801235516j:plain

人外のソフィブーもそりゃまあ素敵なんだけどさ。

f:id:tokyonakayoshi:20170801235844j:plain

 

我慢させられる分、生前の回想シーンのソフィブー最高だから。

f:id:tokyonakayoshi:20170802000055j:plain

 

楽しみにしててくれよな。

f:id:tokyonakayoshi:20170802001231j:plain

 

わざわざここまで読んでくれて、ありがとよ。

f:id:tokyonakayoshi:20170802000249j:plain

 

ところで、これまたまたびっくりしたことなんだけど。
ソフィア・ブテラちゃんはアナベル・ウォーリスより歳上だし、
トム・クルーズラッセル・クロウより歳上なんだよね。
人生いろいろだね。

次のソフィブー?
シャリーズ・セロン主演の『アトミックブロンド』で観られるらしい。
この秋公開、乞うご期待!

 

f:id:tokyonakayoshi:20170729145145j:plain

「8月は忙しくなりそう。
だって観たい映画が多すぎる!」
なかよし

 

# The MUMMY
# Sofia Boutella