たのしいね、

好きなものぜんぶ書く。

ソフィア・ブテラちゃんかわいい日記 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』

f:id:tokyonakayoshi:20170801200246j:plain

ソフィア・ブテラちゃんもハムナプトラも大好きなので書きました。

予告映像程度のネタバレしかないからよろしくね。

 

どんなもの?

『ザ・マミー』はトム・クルーズがまたがんばる映画。
マミーはミイラって意味なので、ミイラが出てくる。
もしかしたらジャンルでいうとホラー。

f:id:tokyonakayoshi:20170801234351j:plain

 

たださえ『ハムナプトラ』のリメイクといわれたら、観に行かないのは難しい。

そんでもってこの映画を皮切りに、アベンジャーズのMARVELユニバースとか、バットマンのDCユニバースみたいに、ダークユニバースと銘打って、これからじゃんじゃんダークファンタジーな映画をやるとも聴いた。

f:id:tokyonakayoshi:20170801223212j:plain

 

それってマーベルでいったら、アイアンマンみたいな位置づけなわけじゃない?
DCで言ったら、マン・オブ・スティールじゃない?
うーんやっぱ観ないわけにはいかないんじゃない?
どっちも大好き。

あとさ、なんといってもさ、敵役のミイラ王女はソフィ・アブテラちゃんなんだって。
観るよね観ました。

 

たのしいね!

話を続ける前にいちおう確認なんだけど、ソフィア・ブテラちゃんって知ってるよね?

f:id:tokyonakayoshi:20170801223119j:plain

 

オーケイ分かった、この姿を見せればピンとくるよねもちろん。

f:id:tokyonakayoshi:20170801223451j:plain

 

そうでしょうそうでしょう、なんといってもこの姿も外せません。

f:id:tokyonakayoshi:20170801223744j:plain

 

キングスマンのガゼルまじ最高かっこよかったよね~。

f:id:tokyonakayoshi:20170801224530j:plain

 

で、なんの話だったっけ。
そうそう、マミーねマミー。

f:id:tokyonakayoshi:20170801231235j:plain

 

マミーは、全編が大ピンチのスペクタクルムービー。

f:id:tokyonakayoshi:20170801225031j:plain

 

トム・クルーズじゃなかったら死んでたねっていう場面の連続です。

f:id:tokyonakayoshi:20170801230342j:plain

 

どうするどうなるトム・クルーズ

f:id:tokyonakayoshi:20170801225129j:plain

 

旧ハムナプトラシリーズのファンに向けた感じのシーンはやっぱこれかな。

f:id:tokyonakayoshi:20170801230432j:plain

砂嵐が顔の形で迫ってくるやつ。
観た当時はついにこんなん撮れるようになったの!?ってド肝を抜かれたもんです私は。

 

回想シーンのエジプトの王様なんか、メイクのせいでしょうか。

f:id:tokyonakayoshi:20170801230542j:plain

私には旧シリーズのあの人に見えちゃう。
いつ「アナクスナムン!」って叫ぶのかなと思いながら観てたよね。

 

ブレンダン・フレイザーが出てこないのは寂しかったけど。
代わりと言ってはなんですが、ラッセル・クロウが出てくるのも見どころだよね。

f:id:tokyonakayoshi:20170801231634j:plain

ラッセル・クロウを久しぶりに観た気がするし、思っていたよりちゃんと出番もあってよかった。

 

あと、本作のヒロインはソフィア・ブテラちゃんだとばかり思い込んでいた私ですが。

f:id:tokyonakayoshi:20170801233812j:plain

本作の正ヒロインと思しきポジションには、アナベル・ウォーリスさん演じるところの考古学者が配備されていました。


シーンをまたいでもまたいでも、全然いなくならないから、もしかしてあなた、モブじゃなかったの!って、これまたびっくりしちゃった。

f:id:tokyonakayoshi:20170801233222j:plain

いわれてみればとってもかわいいね。

 

そんなこんなでとっても楽しい映画だよ。

f:id:tokyonakayoshi:20170801231003j:plain

みんな観てね。

 

じゃ、ソフィア・ブテラちゃんの話に戻ります。

f:id:tokyonakayoshi:20170801232811j:plain

 

本作ではメインの敵役、邦題サブタイトルで語られたところの「呪われた砂漠の王女」として、トム・クルーズと戦います。

f:id:tokyonakayoshi:20170801233609j:plain

トムの相手どころか「世界は私のものよ」って勢い。

 

ただこれはもう、本当にざんねんだと言わざるを得ないんだけど。
この映画のソフィブーは、棺の中の干物からスタートするので。

f:id:tokyonakayoshi:20170801235428j:plain

 

あんまり生き生きした姿は観られないんだよね。
ぎりぎり半生って感じ。

f:id:tokyonakayoshi:20170801235516j:plain

人外のソフィブーもそりゃまあ素敵なんだけどさ。

f:id:tokyonakayoshi:20170801235844j:plain

 

我慢させられる分、生前の回想シーンのソフィブー最高だから。

f:id:tokyonakayoshi:20170802000055j:plain

 

楽しみにしててくれよな。

f:id:tokyonakayoshi:20170802001231j:plain

 

わざわざここまで読んでくれて、ありがとよ。

f:id:tokyonakayoshi:20170802000249j:plain

 

ところで、これまたまたびっくりしたことなんだけど。
ソフィア・ブテラちゃんはアナベル・ウォーリスより歳上だし、
トム・クルーズラッセル・クロウより歳上なんだよね。
人生いろいろだね。

次のソフィブー?
シャリーズ・セロン主演の『アトミックブロンド』で観られるらしい。
この秋公開、乞うご期待!

 

f:id:tokyonakayoshi:20170729145145j:plain

「8月は忙しくなりそう。
だって観たい映画が多すぎる!」
なかよし

 

# The MUMMY
# Sofia Boutella

 

 

20年後の『メン・イン・ブラック』

f:id:tokyonakayoshi:20170731155951j:plain

1997年アメリカ発。
もはやレトロのジャンルに足を踏み入れつつあるSF映画です。

最近テレビでやってたのを観たと聞き、どんなものだったかな~と思って、配信で観ました。

続きを読む

『パワーレンジャー』 オタクじゃないあなたも楽しめる青春ヒーロームービー

f:id:tokyonakayoshi:20170719073549j:plain

「オタクじゃない人でもしっかり楽しめる、スーパー戦隊映画」って、想像したことありますか?

私はなかったです。

そしてそれはここにありました。

続きを読む

『アイアンフィスト』

f:id:tokyonakayoshi:20170708203837j:plain

以前から気になっていたので、Amazonプライムで観ました。

どんなもの?

謎のアジア的世界観で繰り広げられるアクション映画。
謎の格闘アクションが不思議とかっこいい。

たのしいね!

この映画って誰が主人公なんでしょうね。
剣劇あり、銃撃戦あり、格闘技ありの殺陣がかっこよく、ストーリーはあたまに入ってこない。

とにかくアクションを見てたらエンディングが来ちゃった感じ。
かっこいい。

 

f:id:tokyonakayoshi:20170612163024j:plain

まこと

 

タグ
#タランティーノ
#ラッセル・クロウ
#ルーシー・リュー
#ロドリゲス
#紳士
#鍛冶屋
#謎の義手技術
#全身金ピカ=金剛

 

 

 

『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』

f:id:tokyonakayoshi:20170705191026j:plain

ジョニーデップ主演の大人気映画シリーズ、パイレーツオブカリビアンの第5作目を劇場で観てきました。

どんなもの?

カリブの海賊たちが、お宝や呪いと神話を巡って、てんやわんやするムービーです。

たのしいね!

期待に応えるご機嫌アクションムービーでした!
ディズニーランドのアトラクションみたいな気分になりました。
大画面に映えるメインテーマはやはり最高。

いろんなシーンは闇に紛れて暗すぎるけど、海はきらきらしているし、空はきれいだし、ジャック・スパロウジャック・スパロウです。

見覚えのあるあの人やこの人も出てきます。
たぶん1作目の勢いに回帰したような感じになっているのではないでしょうか。
なんか一作目の再現みたいに感じられる華やかなシーンもありました。
観たいものがめいっぱい観られる作品です。

ただ、私、正直に言いますと。

パイレーツオブカリビアンの2と3を観てないんです。

ペネロペ・クルスの出ていた4作目が、1話完結ムービーに切り替わったようだったので劇場で観て、楽しめたので。じゃあ今回の5もとりあえず大きな画面で観よう。みたいな気持ちで臨みました。

でも今作はたぶん、1~3をしっかり観て覚えておいたほうが、もっともっと楽しめるムービーだったと思います。私くやしい。

なにせ1作目の公開は2003年ですからね~。さすがにうろ覚えでした。
1~3を全部観ておけ!なんて無粋なことは申しませんが、記憶に自信がない人は1だけでも見直しておくと、うろ覚えウォッチングにならずに済みそうです。

逆に、これまでのをまるっと観てないとか、4だけは観た。みたいな人なら、
これからすぐに5作目を観るのはまったく問題ない気がします。
こういうもんなんだな。で済みそう。

で、5作目は単体でも必要十分な大作エンターテインメントに仕上がっています。

私はこの5が面白かったので、近日中に1~4を見直そうと思っています。
観てからずっと頭のなかで、メインテーマが鳴り止まないので(笑)

 

f:id:tokyonakayoshi:20170628233217j:plain
なか☺よし

タグ
#Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales
#Fast Five(CarriageVer)
Jaws of the dead
ワイルドスピード MEGA MAX(馬車リメイク)
#絶叫系ライド(ギロチン)
ジョーズオブザデッド
フジツボこわい
サラザール(無敵のスペイン人)
さまよえるオランダ人
オーランド・ブルーム
キーラ・ナイトレイ
#バルボッサ
#ヘクター
#サル
#パンツはどこだ
#偉大な海賊にはそんなもの必要ない
#恋愛相談は銀貨5枚

 

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 (ディズニーアニメ小説版)

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 (ディズニーアニメ小説版)

 
パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 カリーナ・スミスの冒険 (ディズニーストーリーブック)

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 カリーナ・スミスの冒険 (ディズニーストーリーブック)

  • 作者: メレディス・ルースー,ヨアヒム・ローニング,エスペン・サンドベリ,上杉隼人,広瀬恭子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/07/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る